【100人に1人?!】サイコパスがもつ本当の特徴【診断あり】

みなさんは自分自身や友人、家族に対して『この人はサイコパスかもしれない』と思ったことはありませんか?サイコパスは人の性格の一種であり、100人に1人いると言われています。ですので、みなさん自身やみなさんの周りの人がサイコパスであってもなんらおかしくはないのです。しかし、一般的なサイコパスのイメージと実際のサイコパスは少し違っているところがあります。そこで今回は、サイコパスがもつ本当の特徴を紹介していきます。

みなさんはサイコパスに対して、どのようなイメージを持っていますか?多くの人は「犯罪者が多い」「残酷」「頭がいい」といったイメージを持っているのではないでしょうか。たしかに、犯罪者の中にはサイコパスが多いというのは事実です。しかし、これらの特徴を持つ=サイコパスではありません。実際のサイコパスには以下のような特徴があります。(みなさんも自分(あるいは友人など)が当てはまるかチェックしてみて下さい。)

これらの特徴に多く該当する人は、サイコパスである可能性が高いと言えます。また、サイコパスは女性よりも男性に多いことが知られています。これは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンがサイコパスに影響しているからです。他にも「サイコパスは頭がいい」というイメージを持たれがちですが、IQという観点では、むしろサイコパスのIQは一般人の平均を下回っているという結果も出ています。

みなさんのサイコパスに対するイメージと実際のサイコパスは、少し違っている部分があったかと思います。100人に1人という割合は非常に大きいため、みなさんの周りにもサイコパスがいる可能性が高いです。しかし、サイコパスはあくまで性格の一種であり、「サイコパス=怖い存在」ではありません。サイコパスについて正しく理解しておくことで、そういった人とのコミュニケーションもうまくいきやすくなるはずです。ぜひ知識として覚えておいてみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事