効果的な新年の目標の立て方

新年を迎えるに当たって、新年の目標を掲げる人も多いでしょう。しかし、新年に目標を立てても達成しきれない人も同様に多いと思います。そこで、今回はよく陥りがちな”手段の目的化”の防止について解説していきます。

分かりやすく就活を例にしてみます。

この場合の「手段の目的化」とは、本来の「安定して自立した生活を送る」という目的を忘れ、「OB訪問5人」が目的になってしまっている現象のことを言います。OB訪問5人することは、安定して自立した生活を送るためです。OB訪問を5人することが目的になってしまうと、5人終えた時点で目的を達成した気になってしまいます。これでは本来の目的を達成できないというのは、みなさんも理解していただけると思います。

目標や計画を立てる際は、その先の目的まで設定することで手段の目的化を防具することが出来ます。また、目的というゴールを意識することでモチベーションも維持しやすくなります。2020年を有意義な1年にするためにも、ぜひ目標設定と同時に目的も設定してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事