【脳の最適化】ミスを減らす科学的な方法【○○を鍛える】

みなさんも何か物事に取り組む際、ミスをしてしまうことがあると思います。たとえば、バイトで新しいことを教えられても、忙しくなるとついその内容を忘れてしまったり、講義のレポート作成後に内容の抜け(ミス)に気づいたりしたことはあると思います。これらのミスもそうですが、人生を左右する就活や就職後のことを考えるとできる限りミスをしない人間になりたいですよね。そこで今回は、ミスを減らす科学的な方法ご紹介します。

1. ミスを減らすには『ワーキングメモリ』を鍛える

結論から言いますと、ミスを減らすためには『ワーキングメモリ』を鍛えることが重要です。ワーキングメモリとは、「記憶を一時的に保存する容量」のことです。ワーキングメモリが鍛えられることで、脳が一度に処理できる情報の量が増えます。これにより、頭の回転率がUPしミスをしなくなるのです。

2. ワーキングメモリを鍛える方法

ワーキングメモリを鍛える方法は、次の5つがオススメです。

ワーキングメモリを鍛えることで、脳のパフォーマンスが上がり限りなくミスを減らすことができます。ぜひワーキングメモリを鍛える方法を実践してみて下さい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事