脳科学に基づいた夢を叶える方法【ブレイン・プログラミング】

年が明け、いよいよ2020年が幕を開けました。『今年こそは夢を叶える年にしたい』と今年1年の目標を立てる人も多いのではないでしょうか。しかし、ただ漠然と目標を設定しては夢を叶えることはできません。そこで今回は、脳科学に基づいた夢を叶える方法をご紹介します。

人間の脳には「RAS(ラス)」という部分があり、脳が必要だと思う情報だけをピックアップするという機能が備わっています。つまり、自分の夢を叶えるために必要な情報を脳に「必要なもの」と認識させることが重要なのです。そうすることで、脳が勝手にそれを実現するための情報をピックアップしてくれるのです。自分の夢を叶えるために必要な情報を脳に「必要なもの」と認識させる方法は、以下のステップになります。

ステップ1:興味があるものを紙に書き出す

まずは、自分のやりたいこと、食べたいもの、行ってみたい場所など興味のある物を全て紙に書き出します。これは、ごちゃごちゃしている脳の中を一旦整理する目的があります。このステップはあまり深く考えず、とにかく自分の興味があるものを書き出せばOKです。

ステップ2:目標をできる限り明確に設定する

ステップ1で書き出したものの中から、今自分が本当に叶えたいものを選択します。そして、それをできる限り明確に設定するのです。例えば、ダイエットをしたいのであれば「痩せる」ではなく、「〇月△日までに何キロになる」といった具合に目標を明確に設定します。

ステップ3:目標の視覚化(イメージする)

最後のステップでは、目標を達成するための自分の行動をイメージします。先ほどのダイエットの例にたとえると、「〇月△日までに何キロになる」という目標を叶えるために行う行動(ランニング、食事制限、筋トレ、生活習慣の改善など)をイメージするのです。

この3つのステップをこなすことで、「夢」というものが必要な情報だと脳が認識するようになります。あとは脳が勝手に自分の夢を叶えるために必要な情報を集めてくれるのです。今年こそは夢や目標を叶えたいという方は、ぜひ実践してみてください。

参考書籍:自動的に夢が叶っていくブレイン・プログラミング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事