【令和元年最新版】全国最低賃金ランキング【ベスト&ワースト】

バイトを選ぶ際は、より効率的に稼ぐために時給の高いバイトを探す方が多いと思います。その際に基準となるのが最低賃金です。最低賃金を知ることで、その地域において時給が高いバイトなのか低いバイトなのかを判断することができます。

その最低賃金ですが、実は令和元年10月から新しく改訂されています。厚生労働省の令和元年度地域別最低賃金改訂状況をもとに作成した、最新の全国最低賃金ランキング(ベスト&ワースト)が以下になります。

やはり、東京とその周辺は依然として最低賃金が高いです。第二の都市と呼ばれる大阪も最低賃金は高く、1000円台が見えてきました。一方ワーストは、全国の約1/3の県が同率1位の790円でした。東北地方や九州地方は最低賃金が低い傾向にあるようです。とはいえ、平成30年度に比べ、どの都道府県も約30円上昇しています。学生のみなさんにとっては朗報ではないでしょうか。ぜひ、バイト選びの参考にしてみてください。(ランキング外の都道府県の最低賃金は、こちらに掲載されています。)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事