【旅行好き必見】東南アジア旅行に欠かせない配車アプリ「Grab」の魅力

タイやフィリピンなどの東南アジア諸国では、日本と比べてタクシーを格段に安く利用できます。

なので東南アジアを旅行する際にはタクシーを主な移動手段として使う人も多いでしょう。

しかし東南アジアのタクシーには、目的地がうまく伝わらない、代金をぼったくられることがあるなど、不安な面もありますよね。

そういった問題を解決してくれるのが、今回紹介する『Grabという配車アプリです。

Grabは、配車アプリ大手のUberが東南アジア事業を売却してできたサービスです。

使い方はいたってシンプル。アプリ上でタクシー・一般の自動車・バイクなどの中から乗りたい車両タイプを選択し、自分の現在位置と目的地の情報を入力するだけです。

Grabの一番のメリットは、旅行先の言語が全くわからなくても、事前にスマホで情報を入力するだけで問題なく目的地にたどり着くことができる点です。

また、あらかじめ指定したルートを通る上、予約の時点で料金が確定されるので、ぼったくりを未然に防ぐことができます。

Grabを使うことで、安い料金で利用できる東南アジアのタクシーを、より安全により気軽に利用することができるようになります。

東南アジアに旅行する際には、ぜひおすすめしたいサービスです。

予約の際のアプリ画面 出典:GAZOO

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事