飲み過ぎ注意!お酒の適量は1日に500mlビール缶○杯!

お酒には国が定めている適量があるというのはご存知ですか?

厚生労働省の政策の一つである国民健康づくり運動「健康日本21」にでは、お酒の適量は「純アルコールで1日平均約20g程度」とされています。これは、ビール500ml缶1本分に相当する量です。

また、イギリスのケンブリッジ大学が中心となって行われた研究(60万人を対象)では、死亡リスクを上昇させない飲酒量は、1週間あたりビール500ml缶5本分と報告されています。

この2つの報告を加味すると、お酒の適量は以下の通りになります。

お酒の適量
「1週間あたり:飲酒日5日/休肝日2日」
「1日の飲酒量:ビール500ml缶1本分」
ビール以外のお酒に関しては、以下を参考にしてみて下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事