生活が変わる!? 愛用者が語るAirPods Proのココがスゴイ

10月30日にAppleから「AirPods Pro」が発売されました。

すでにAirPodsを持っている方で、新しいAirPodsに買い替えるかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、AirPods Proは旧モデルと比べて格段に良くなり、買う価値アリです!

今回は、元AirPods愛用者が実際にAirPods Proを購入してわかった2つの魅力的な機能をご紹介します。

まず1つ目は、ノイズキャンセリング機能です。

これまでのAirPodsは、インナーイヤー型といってイヤホンのパーツを耳に引っ掛けるタイプの形状で、音漏れしやすい上に外れやすく遮音性が低いというデメリットがありました。

それに対して新AirPods Proは、カナル型といって耳栓のようなイヤーピースを耳の中に入れるように装着するタイプで、音漏れしづらく外れにくい上に遮音性が比較的高いです。

そこにノイズキャンセリングという外部の雑音を検知して遮断する機能が加わったことで、圧倒的な無音空間で音楽を聴くことが可能になりました。

まさに自分だけの世界に入ったかのような感覚に陥ります。

エンジン音がうるさい飛行機の中でAirPods Proを使ってみたところ、旧モデルでは大音量で音楽を流してもエンジン音が入り快適に聴くことができなかったのに対して、AirPods Proでは全くエンジン音が気にならず無音の環境でストレスなく音楽を聴くことができるようになりました。

しかし、街を歩くときや会話をするときなど外部の音が聞こえないと不便な場面もあるでしょう。

それを解決するAirPods Proの第2の魅力が、外部音取り込み機能です。

外部音取り込み機能は、ノイズキャンセリングとは逆に、いわば補聴器のような役割を果たします。

この機能を使うことで、音楽を聞きながらも周囲の音を自然な感覚で取り込むことができます。

なので、周囲の音が全く聴こえなくて困るといったことはもうありません。

そして、ノイズキャンセリングモードと外部音取り込みモードは場面に応じてAirPods Pro本体で瞬時に切り替えられます。

つまりAirPods Proの最大の利点は、2つの機能の切り替えによってこれまで以上に周囲のサウンド環境を自由自在に操作できることなのです。

実際に購入してみて、AirPods Proは周囲の音を自在に操作できるハイブリッドで素晴らしいアイテムだと感じました。

AirPods Proはカフェなどで集中して作業することが多い大学生に特におすすめできるアイテムです。

ぜひ購入して快適なイヤホンライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事