【使用歴3年】Apple Watchを使ったほうがいい4つの理由

アップルウォッチをつけて初対面の人と話すとき、必ずといっていいほど聞かれる質問があります。

「アップルウォッチって、何ができるの?」

今でこそ街中でアップルウォッチをつけている人を多く見かけますが、私が買った3年前にはつけている人をほとんど見かけませんでした。

そんな中で、この質問は軽く100回以上聞かれました。

今回はアップルウォッチが気になっている方に向けて、私がアップルウォッチを使い続ける理由と、アップルウォッチの魅力をまとめてご紹介します。

見た目がスタイリッシュ

アップルウォッチの魅力はさまざまありますが、見た目がスタイリッシュでカッコいいというのが、私が使い続ける最大の理由です。

これは好みが分かれると思いますが、従来のアナログ時計に比べて、デザインがとてもシンプルでスマートです。

なので、どのようなシチュエーションの服装にも合わせることができます。

スマホの通知を確認できる

アップルウォッチにはタイマーや音楽再生操作などさまざまな機能がありますが、一番便利な機能はやはりスマホに来た通知を腕で確認できることです。

例えばLINEのメッセージや電話の着信などが来た場合、即座にアップルウォッチがやさしく振動して知らせてくれます。

なので、スマホを逐一確認する手間が省け、急用ではない通知を腕でサッと確認して済ませることができるのでとても楽です。

自分風にカスタマイズできる

アップルウォッチは、本体の色・素材・文字盤、そして交換可能なバンドが豊富に揃っています。

なので、ひとえにアップルウォッチといっても、何千何万通りもの組み合わせができるため、人と被ることも避けられます。

自分だけのオリジナルなアップルウォッチにカスタマイズすることで、より愛着が湧くこと間違いなしです。

また、何種類ものバンドを揃えておけば、その日の気分によって着せ替えすることができるので、よりいっそう楽しめます。

SuicaやQUICPayが使える

出典:Engadget

これは意外と便利な機能で、スマホやカードのSuicaを使わずとも、アップルウォッチをかざすだけで、改札を通ったり買い物したりすることができます。

つまりやろうと思えば、財布やスマホを持たずに出かけることができてしまうということです。

近くのコンビニへ行くときなどであれば、アップルウォッチだけで十分かもしれません。すごくスマートですよね。

また、QUICPayやiDといった後払い系の電子マネーにも対応しており、最近ではQRコード決済のPayPayにも対応しました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

基本的にアップルウォッチはそれ単体で何かをするというよりかは、スマホの補助役として生活にそっと寄り添ってくれるような時計です。

そういった細やかな機能が生活を便利にしてくれて、私にとってはなくてはならない存在になっています。

シンプルでスポーティなアップルウォッチは、ファッションアイテムとしてもとても良い物だと思うので、気になった方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事