【断捨離のコツ】簡単!モノを捨てるための3つのポイント

断捨離をすると部屋がスッキリし、心もスッキリしますよね。とはいえ、『断捨離をしよう!』と思い立ったものの、なかなかモノが捨てられずに悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「モノが捨てられない人」のために断捨離のコツを3つご紹介します。断捨離をする際の参考にしてみてください。

では、さっそく見てみましょう!

モノを捨てるための3つのポイント

その① 「捨てることで手に入るもの」を考えてみよう!

モノが捨てられない一番の理由は「捨てることで失うもの」を考えるからではないでしょうか。

たとえば、『このマンガを捨てたら、また読みたくなった時に読めなくなる』『このカバン使ってないけど、捨てたらお金が無駄になる』といったように、失うものばかり考えてしまうため、捨てることを勿体無く感じてしまいます。

そこで、オススメしたいのが「捨てることで手に入るもの」を考えてみるという方法です。

たとえば、『この本を捨てることで、本棚のスペースが増え新しいマンガを置くことができる』『このカバンを売れば、欲しかったモノを買うためのお金の足しになる』といったように、捨てるメリットを考えることで捨てる決断がしやすくなります。

その②  誰かにあげることで、喜んでもらおう!

断捨離をする際、「ゴミとして捨てる」「店に買い取ってもらう」以外にも、「誰かにあげる」という選択肢があります。

モノが捨てられない人の中には、買ったけど全く使ってない新品同様のモノが部屋にあるという人もいるでしょう。そんなときは、思い切って誰かにあげてしまうのです。捨てればただのゴミですが、誰かにあげれば人から感謝してもらえます。また、何かお礼をしてくれるかもしれません。(お礼を期待してプレゼントするのはよくありませんが 笑)

その①で紹介した「捨てることで手に入るもの」には、「人からの感謝」もあるというわけです。

その③  大きいモノから捨てよう!

モノを捨てる際の考え方はお伝えしましたが、『モノが多くて何から手をつけたらいいかわかんない!』という方もいるでしょう。何から手をつけるか悩んでいるうちに、どんどんやる気が下がってしまいます。

そこでオススメなのが、「大きいモノから捨てる」という方法です。

はじめから「大きいモノから捨てる」と決めておくことで、迷うことなくスムーズに断捨離を始めることができます。また、大きいモノから捨てていくことで部屋にスペースが生まれやすく、断捨離が進んでいる実感が湧きやすくなります

まとめ

最後に今回のポイントをおさらいしておきます。

モノを捨てるための3つのポイント
① 捨てることで手に入るものを考える
② 誰かにあげて、喜んでもらう
③ 大きいモノから捨てる

ぜひ、断捨離をする際の参考にしてみてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事