【学生必見】場所を変えるだけ!?記憶力40%アップの超勉強法

 

次のうち、勉強効率が上がるのはどちらでしょう?

A. ひとつの場所で勉強する
B. 場所を変えて勉強する
答えは、Bです
場所を変えて勉強することで、脳の海馬に存在する「場所細胞」が活性化します。海馬は記憶を司る部位であり、場所細胞が活性化することで記憶力が高まるのです。
実際に、ミシガン大学では、場所を変えただけで記憶力が40%アップしたという研究結果が出ています。
さらに、場所を変えることには記憶力を高めるだけでなく、集中力を維持する効果も期待できます。長時間同じ場所で作業をしていると、徐々に緊張感が薄れ集中力が低下します。場所を変えることで気分転換になり、程よい緊張感を維持することができるのです。
最後にまとめです。勉強をする際は、午前中は図書館、午後はカフェといった具合に、場所を変えて行いましょう。そうすることで、記憶力と集中力が高まり勉強効率が上がります

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事