告白するなら○○月を狙え!成功率が高まる告白のタイミングとは

もうすぐクリスマスの時期がやってきますね。大学生の方でしたら、クリスマスにぼっちになるのを回避するために、なんとかして恋人を作りたいとい意気込んでいる方も多いでしょう。好きな人に告白するなら、できる限り成功率を上げたいですよね。今回は、心理学の観点から見た告白に適したタイミングを解説していきます。

『好きな人への告白を成功させたい!』という方は、ぜひ参考にしてみてください。

告白するなら5月がオススメ

なぜ5月がいいのか

いきなりがっかりされるかもしれませんが、実は1年の中で最も告白に適しているのは5月です。(ご安心ください!5月以外の効果的なタイミングも後ほどご紹介します!)

告白するタイミングとしては、クリスマスシーズンである12月をイメージしていた方も多いのではないでしょうか。たしかに、クリスマスシーズンである12月は目に見えてカップルが増えます。しかし、それは告白の成功率が高まる時期だからではなく、単純に告白する人が増えるからというのが一番の理由でしょう。もちろん、人肌が恋しくなる時期であり、周りに恋人が増えるのもあって比較的告白が成功しやすいというのも事実だと思いますが、同時に競争率が高い時期だとも言えます。

ではなぜ、5月が告白するのに適しているのでしょうか。

それは、5月は異性に対するハードルが下がる時期だからです。「五月病」という言葉は皆さんもご存知だと思います。5月は新年度に立てた計画や目標がうまく行かなかったり、新しい環境にうまく馴染めないことが原因で多くの人が自己評価が下がる時期です。自己評価が下がっているときは、異性に対するハードルも下がります。

たとえば、自分を70点くらいだと思っている女性がいたとします。多くの人は、自分の点数に近いかそれ以上の異性を求めるものです。この女性で言えば70点以上の男性が恋人の対象でしょう。60点の男性は恋人になるのは難しいと言えます。しかし、5月になり女性の自己評価が60点ぐらいになると、60点の男性であっても恋人候補になることができるのです。

また、五月病によって男性も自己評価が下がるため、女性にアプローチする人が少なくなります。つまり、競争率も下がるのです。

ただし、ここで気をつけなければならないのが、自分自身が五月病にかからないようにすることです。それでは本末転倒ですからね(笑)

5月以外にも狙い目のタイミングはある

『5月以外の月はダメなのか』と思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

5月が狙い目である本質的な理由は、五月病があるからではなく、多くの人が自己評価が下がり異性に対するハードルが下がる時期だからです。つまり、5月でなくても異性が自信をなくし自己評価が下がるタイミングを狙えば良いのです。

たとえば、新しくバイトに入ってきた人は慣れない環境で自信を失いがちですよね。また、何かに失敗して落ち込んでいる人も自己評価が下がっているタイミングと言えるでしょう。このようなタイミングを狙えば、告白の成功率は高まると言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。最後におさらいしておきます。

 

告白の成功率が高まるタイミング
・告白するのは5月が狙い目
・狙い目の理由は、多くの人が自己評価が下がるタイミングで異性に対するハードルが下がるから
・5月でなくても相手が自己評価が下がっているタイミングを狙えばOK
みなさんの告白を成功させる手助けとなれば幸いです。ぜひ参考にしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事