【内定に近づく!】 就活をする前に読んでおきたい本3選

就活をする上で必要な知識はたくさんあります。

そこで就活をするうえで、就活生に必ず読んでおいて欲しい本を紹介したいと思います

 

メモの魔力

メモの魔力』はSHOWROOM創設者の前田裕二氏が書いた本です。

『メモの魔力』には効率よくメモをとる方法メモをとる重要性などが書かれています。

この本は就活時に応用できるメモの取り方や、メモを通して自己分析をスムーズに進められる秘訣が書いてあるので就活生の皆さんは読んでおきましょう。

(前田裕二氏:https://twitter.com/UGMD?s=17

 

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑は、落合陽一氏と堀江貴文氏が考える10年後の未来について書かれています。

10年後になくなる職業どのような業界がこれから成長していくのかなどが書かれており、就活するにあたってどのような業界が成長するのかが分かり業界選択に役立ちます。

また業界だけでなく10年後にどのようなスキルが個人に対して求められるのかが書かれており、今後の自己成長に結びけることができます。

(落合陽一氏:https://twitter.com/ochyai?s=17 

堀江貴文氏:https://twitter.com/takapon_jp?s=17

 

1分で話せ

『1分で話せ』という本にはプレゼンを上手にする方法や、相手にうまく話す方法が書かれています。

インターンなどでは必ずと言っていいほどプレゼンをする場面があるので、他の就活生と差をつける為にも読んでおきましょう。

また相手を動かしながらコミュニケーションをとる方法などが書かれており、面接で使えるテクニックが多くあるのでとても役にたちます!!

 

今回紹介した3冊はきっと就活生であるあなたのために役に立つと思うので、是非読んでみてください!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事