【2分でわかる】現役大学生が解説!!エンジェル投資家について

みなさんエンジェル投資家についてご存知ですか

最近ニュースアプリやSNSなどでエンジェル投資家が投資してくれたと言う話をよく聞きますよね。

しかしエンジェル投資家と聞いてすぐにどんな人なのかすぐにわからないのが現状だと思います。

そこで今回、現役大学生がエンジェル投資家についてわかりやすくまとめてみました!

エンジェル投資家とは

エンジェル投資家とは、創業後まもない起業家に対して資金提供や経営指導などを行う個人投資家のことです。

どのような仕組みで動いているかと言うと、

まず起業をして間もない会社は資金面で困り投資元を探します。

そこで個人投資家であるエンジェル投資家が、企業に対して100万〜1000万の額を投資し企業を支援しそのリターンとして株を貰います。

そしてその株を運用することでエンジェル投資家は利益をあげています。

 

VCとの違いは?

 

エンジェル投資家と同じようにスタートアップ企業に投資をして利益を上げてるVCという会社が存在します。

VC(ベンチャーキャピタル)とはスタートアップ企業やベンチャー企業に投資をし、支援した会社の株を運用することで高額な配当を狙った投資会社になります

 

エンジェル投資家は、株を運用し高額な配当を狙う面ではVCと似ています。

 

しかしVCとエンジェル投資家が大きく違うところとして、エンジェル投資はあくまで個人のお金で投資をしているところです。

VCは投資するお金を企業などから集めて、そのお金を利用して投資をしています。

 

このようにエンジェル投資家とVCの差は、資金の出どころに違いがあります。

 

つまりあくまでエンジェル投資家は、自分の中で余ったお金を趣味として運用していると捉えることもできます。

また、エンジェル投資家の目的の一つに、投資している事業のドメインの話に詳しくなることだとも言われています。

※仕事としてエンジェル投資家をしている人もおり一概に趣味とは言えない場合もあります

国内で有名なエンジェル投資家

山田進太郎 氏

メルカリ創業者でCEO。総資産は1440億円。日本の長者番付33位である。

現在もメルカリCEOを務めながら、スタートアップ企業を支援するエンジェル投資家。

川田尚吾 氏

DeNA共同創設者。新卒でマッキンゼー入社。

日米欧のスタートアップ企業やベンチャー企業に投資をするエンジェル投資家。

赤坂優 氏

Pairsを運営するエウレカ創業者。

現在はエウレカを売却し、国内外のスタートアップ企業を支援するエンジェル投資家。

柴田陽 氏

スポットライト創業者。

現在は柴田氏が興味のある SaaS・Fintech・ヘルスケア・B2B2Cなどの領域を手がける、スタートアップ企業やベンチャー

企業に投資をするエンジェル投資家。

金靖征 氏

Candle創業者。東京大学3年次の際にCandleを創設。

現在はCandleをクルーズへM&Aし、エンジェル投資家としてアメリカで活躍している。

まとめ

いかがでしたか?エンジェル投資家について簡単に理解できたのではないでしょうか。

今の時代エンジェル投資家のおかげで簡単に会社を立ち上げグロースすることができるので、もしこれから起業してみたいな

と思う人がいればエンジェル投資家に投資をしてもらうのも1つの手だと思います。

次回はエンジェル投資家によって成功した事例について紹介したいと思うので、ぜひそちらの方も見てみてください。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事