音楽を聴きながらの勉強はNG?!記憶力・集中力を2倍にする音とは

大学生の皆さんは、音楽を聴きながらレポート課題やテスト勉強に取り組むという人も多いと思います。その際、ロック・洋楽・アニソン・ヒップホップ...など、自分の好みの音楽を聴きながら勉強していませんか?残念なことに、勉強中に音楽を聴くと効率が下がってしまうことがわかっています。

『自分は集中できてる!』という人も、実は勉強の効率が50%ほど落ちているかもしれません。なぜなら人間の脳は、1度に2つ以上を同時にこなすこと(マルチタスク)ができないからです。ちょっぴりショックですよね。

ですが、安心して下さい。今回ご紹介する「ある音」を聴きながら勉強することで、あなたの効率は2倍に上がります。ぜひこの方法を覚えて、実践してみて下さい。

「無音」が一番効率がいい

『「ある音」って、無音かい!』とがっかりされた方もいるかもしれません。しかし、これは科学的に証明されている事実なのです。(とはいえ、効率を上げる音はあります。後ほど紹介しますので、ご安心を。)

イギリスのグラスゴー・カレドニアン大学の研究によると、「テンポの速い曲」「テンポの遅い曲」「環境音」「無音」の4つの条件下で記憶力のテストをしたところ、全ての曲(音)は無音」よりも低い点数になったのです。特に「テンポの速い曲」は著しく効率を下げ、「無音」の50%ほどの点数しか取れませんでした。

このように作業に関係のない音により、静かな環境に比べて作業効率が落ちてしまうことを「無関連音効果」といいます。上述の通り、人間の脳はマルチタスクができません。「勉強する」と「音楽を聴く」は同時にやっているようで、脳では別々に処理されているのです。

また記憶や読解には「言語脳」を使うため、歌詞のある曲を聴くことは特に勉強効率を下げてしまいます歌詞があってテンポの速い曲は最悪ということですね。(あくまで「勉強する際に聴く音楽として」です。)

「無音派」と「雑音派」

とはいえ、『図書館みたいな静けさは無理』『多少雑音があった方が集中できる』という人もいるでしょう。「無音」が最も作業効率がいい環境である一方、少しの雑音があった方が集中できるというのも事実です。実は人間には「無音派」と「雑音派」が存在します。

無音派=普段の集中力が高い人

『集中力に自信がある』『静かな環境で集中できる』という人は、無音派です。

無音派は上述の通り、自宅図書館など「無音」の環境で勉強することで記憶力や集中力が高まり、効率が上がります。

雑音派=普段の集中力が低い人

『集中力にあまり自信がない』『静かすぎると逆に集中できない』という人は、雑音派です。

雑音派は静かなカフェなど「適度な雑音」がある環境で勉強することで、記憶力や集中力が高まり、効率が上がります。

また音楽ではなく、波の音や雨の音、鳥のさえずりといった「自然音」を聴くことも効果的です。歌詞などの言語もなく、テンポもゆっくりであるため、適切な雑音といえます。それだけではなく、自然音にはリラックス効果もあります。どうしても家で勉強しなければならないときは、自然音を聴きましょう。これにより「適度な雑音」がある環境を作り出すことができます。

自然音はYouTubeで検索することで、無料で聴くことができます。種類もたくさんあるので、自分好みの自然音を見つけてみてください。

参考程度に私のオススメの自然音を載せておきます

まとめ

自宅や図書館といった、「無音」の環境で勉強することで効率が上がります。「無音」がいい理由は、人間の脳はマルチタスクができないから。「勉強する」と「音楽を聴く」は同時にやっているようで、脳では別々に処理されているのです。

とはいえ、人間には「無音派」と「雑音派」が存在し、静かすぎる環境では集中できない雑音派は「適度な雑音」がある環境で勉強した方が、記憶力や集中力が高まり効率が上がります。静かなカフェで勉強したり、「自然音」を聴きながら勉強したりすると効果的です。

ぜひ実践してみて下さい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事