女性は男性のココを見ている!モテる男は○○を磨く【恋愛心理学】

「足元はよく見られるポイントだからいい靴を履くべき」という言葉は、皆さんも耳にしたことがあるはずです。「ファッションは足元から」と言いますし、足元を磨くことはモテることに繋がると思っている方もいるのではないでしょうか。

たしかに、足元を磨くことで自身の魅力が高まることは間違いありません。しかし、心理学的な観点から見るとモテるために足元を磨くことはあまり効果的ではありません

では、一体どこを磨けばいいのでしょうか?

結論:男性は「顔」を磨くべし

『結局顔か、、』と残念がる前に、以下の文章を読んでいただきたいです。

男性は女性よりも顔を見られる傾向にある

実は、男性は女性よりも顔を見られる傾向にあります。それを調べた実験をご紹介します。

アメリカのカリフォルニア州立大学のデイン・アーチャーは『タイム誌』『ニューズウィーク誌』『Ms.詩』『サンフランシスコ・クロニクル誌』『サンタクルス・センチネル詩』の5つの雑誌に出てくる男性と女性の写真を、以下の条件のもと分析してみました。

・写真は一人だけ写っているものに限る
・動物やモノが写っているものは除く
・身体の一部を強調する目的の写真は除外
この条件をもとに集めた1750枚の写真のうち、女性のモデルの顔をアップで撮った写真は45%だったのに対し、男性がモデルをアップで撮った写真では65%でした。女性のモデルの場合は身体が写っているものの方が多く、男性のモデルの場合は顔がアップで写っているものが多かったのです。
男性も女性も、身体の美しさは異性から魅力的に思われる要素であることに変わりありませんが、女性は男性に比べて特に異性の顔を見る傾向にあると言えるでしょう。つまり、身だしなみを整える際は、服や靴よりも顔の清潔感や髪型を整えた方がモテるのに効果的だということです。

昔も今も変わらない

先ほどの実験を行なったデイン・アーチャー氏はさらに、15世紀以降の絵画でも同じ調査をしてみましたが、やはり男性は顔が中心となって描かれているものが多く、女性は身体全体が描かれているものが多いという結果でした。

まとめ

男性は女性よりも顔を見られます。モテるためには、服や靴の身だしなみを整えるよりも顔の清潔感や髪型を整えた方が効果的です。モテたい男性は身だしなみは顔からするようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事