○○Payってそもそも何?なぜ増えてるのか理由を解説します!

最近、○○Payという決済サービスが多くなってきていませんか。

正直、いくつあるのか分かりませんし、なぜ増えているかも気になります。

今回はPayサービスとは何か解説し、いま出ているPay系のサービス一覧と増えてきている理由を紹介します。

 

○○Payってそもそも何?

○○Payとはキャッシュレス決済サービスの総称を指しています。

キャッシュレス、つまり硬貨やお札を使わずにスマホなどの電子機器で支払いができるサービスです。

スマホアプリをダウンロードした後、登録をすれば使うことができるので、

財布を持たず、手軽に物が買えるようになります!

 

今(2019年9月)の時点でいくつあるのか?

では、今(2019年9月)の時点でいくつあるのでしょうか?

身近な企業のPay系サービスを抜粋してみました!

    日本大手IT企業系
    ・PayPay(ソフトバンク+ヤフー)
    ・LINE Pay(LINE)
    ・Origami Pay(Origami)
    ・楽天ペイ(楽天)
    ・メルペイ(メルカリ)
      銀行系
      ・りそなPayB(りそな銀行)
      ・ゆうちょPay(ゆうちょ銀行)
      ・J-coin Pay(みずほフィナンシャルグループ)
      ・Payどん(鹿児島銀行)
      ・はまPay(横浜銀行)
      ・YOKA!Pay(福岡銀行)
      ・銀行Pay(GMOペイメントゲートウェイ)
        携帯会社系
        d払い(docomo)
        au Pay(au)
          コンビニ系
          7pay(セブンイレブン)
          ファミペイ(ファミリーマート)
            金融系
            QUICPay(JCB)
            QUOカードPay(クオカード)
              海外大手IT企業系
              ・Amazon Pay(アマゾン)
              ・Apple Pay(Applie)
              ・Google Pay(Google)
              ・AliPay(アリババ)
              ・WechatPay(Wechat)
              飲食系
              Coke ON Pay(コカ・コーラ)
              acure pass(JR東日本ウォータービジネス)
              こんない沢山あるとは驚きですね!

              なぜ増えてきているのか?

              Pay系のキャッシュレス決済サービスが増えている理由として二つあります。

              • 決済手数料の低下
              • 購買データの収集

               

              決済手数料とは、現金以外のカードでお金を払った場合、

              カード会社に手数料として支払う数%の利用料金の事です。

              その決済手数料が、今までのクレジットカードと比べてスマホ決済では大幅に下がります

              よって多くの店舗や会社に使われるようになりました。

              購買データの収集とは、皆様が買った商品履歴を企業がデータとして収集していることです。

              そのデータを使い、どのような商品がどう売れるか知る事ができるため、

              販売活動を効果的に行う事が出来るようになります。

              よって多数の企業が購買データを得るために参入ししました。

               

              まとめ

              今回はPay系サービスについて紹介しました。

              今後、減っていく可能性が高いので「なぜ消えたのか?」を

              調査してみようと思います。

              Twitterでフォローしよう

              おすすめの記事