【財布に悩む人におすすめしたい】マネークリップのメリットとは?

お金を持ち運ぶ際に欠かせないのが財布。

長ザイフや折りたたみザイフ、L字ファスナーなどさまざまな種類の財布がありますが、どんな財布を持ったらよいか悩んでいる人もいるかと思います。

 

『友だちに年相応の財布を持てって言われたことがある』

『まわりの人が使っている財布がカッコいい』

『支払いはほとんどスマホで済んでいるし財布を持ち運ぶのがめんどくさい』

 

などと思ったことがある人も多いと思いますが、そんなあなたにおすすめしたいのがマネークリップ。

マネークリップはお札を挟めて、カードも入れられます。

今回はそんなマネークリップの特徴とおすすめのマネークリップについて紹介します。

 

マネークリップとは?どんな種類がある?

マネークリップは従来の財布に比べて紙幣やカード類を最小限持ち運ぶのに特化した財布です。

一般的な財布よりも軽量化されています。

マネークリップには大きく分けてクリップ式と二つ折りの2種類があります。

 

クリップ式

クリップ式のマネークリップはシンプルに紙幣やカード類を挟むものになっています。

紙幣を挟んでも厚くならないのが特徴です。

 

二つ折り

二つ折りのマネークリップの特徴は、真ん中に紙幣を止めるバーがあります。

クリップ式のとはちがいカード類を入れる専用の場所があるのも特徴です。

『カードを直接挟むのに抵抗がある...』

という人は二つ折りが向いていると思います。

 

マネークリップのメリット

『マネークリップがふつうの財布とちがうのはわかったけど具体的にどうちがうの?』

という人もいるかと思います。

 

「コンパクト」

「中身が整理される」

「お金がかからない」

「珍しがられる」

 

などがマネークリップを使うメリットとしてあげられます。

コンパクト

マネークリップの最大のメリットといえるのがとにかくコンパクト!

このひとことだけでもマネークリップのメリットを言い表わせていると思います。

長ザイフをはみ出したままズボンの後ろポケットに入れて落ちていないか確認したり、折りたたみザイフをズボンの前ポケットに入れて変に膨れてしまったり。。。

こんな経験だれしも一度はあるかと思います。

 

しかし、マネークリップは薄い、軽い、小さい!

と三拍子そろっているので、上にあげたような心配は無用です!

胸ポケットに入れてしますこともできます。

 

中身が整理される

先ほどのコンパクトに通じますが、マネークリップには紙幣とカードのみしか入れることができず入れられるカードも枚数に制限があります。なのでカードを入れるさいにはどうしても厳選を行う必要があります。

また、収納スペースが少ないためお札やカードを入れたらレシートやクーポンで財布がいっぱいになるといったこともありません。

 

お金がかからない

財布を使うさいに使い心地や収納以外で重視されることがあるのが、どこのブランドを使っているか?どれくらいの値段がしたか?

『財布にあまりお金をかけたくないけどダサいって思われたくない。。』

『ちょっと特徴的に財布がいいけど何を使ったらよいのやら。。』

という人もいるかと思いますが、マネークリップならその心配もありません。

そもそもマネークリップ自体が機能のみを重視しているのでブランド物にする必要もなく、

3,000〜5,000円ほどで購入ができるので手も出しやすいと思います。

 

珍しがられる

日本ではマネークリップユーザーを使っている人が多いためか、会計のときにマネークリップを取り出すと珍しがられることがあります。

 

私の場合折りたたみ式のマネークリップを使っているのでなかなか気づかれにくいですが、それでも気づいてくれる人はいます。

クリップ単体の場合だと一目でマネークリップとわかるので珍しがられる確率が増えそうな気がします。

 

マネークリップデメリット

メリットがある一方で、デメリットもあるのが世の常。

 

小銭を入れられない

急に必要なカードが出てきたら使えない

紙幣に折り目がつく

 

などがマネークリップのデメリットとしてあげられます。

小銭を入れられない

大半のマネークリップには小銭を入れることができません。

なので、現金決済をした場合に小銭のお釣りが出てきたらポケットに入れるかカバンに入れるか、小銭入れを用意する必要があります。

 

小銭を受け取らないために現金決済にしか対応していないお店に行かないのもひとつの手段ではあると思いますがそれはあまり現実的ではないので、「小銭を受け取ったときはどうするか」まで考えておいた方が良いですね。

 

急に必要なカードが出てきたら使えない

先ほどあげた「中身が整理される」というメリットと矛盾するようですが、「たくさんのカードを持てない」というデメリットも。。

『ポイントの還元率が高いお店に行ったけどカードを忘れてしまった』

『クーポンをもらったけど財布に入らないのでそのまま捨ててしまった』

といったこともありますので、スマホアプリで登録できるカードはスマホに入れておく!などと決めておくといいかもしれません。

 

紙幣に折り目がつく

マネークリップの種類によっては紙幣を折って収納する場合があります。

折り目のある紙幣に抵抗がある人はふつうの財布が向いていると思います。

 

まとめ

今回はマネークリップについて紹介しました。

マネークリップにすることで荷物を増やさないようになるので、必然的に支払いがキャッシュレスになったらQRコードになったりするのでよりスマートに会計もできるようになります。

 

ふつうの財布だと機能以外にもさまざまなブランドがあり選択肢がとても多いと思いますが、マネークリップだとどの機能で選ぶかが重要になってくるのでブランド自体はさほど重要ではありません。

マネークリップを使って新しい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事