【流行】話題のマインドマップとは?アプリやツールも紹介

皆さんは“マインドマップ”という言葉をご存知でしょうか。
近年、マインドマップがベンチャー企業や大学においても使用され始めているんです。
今回はそんな流行中のマインドマップについてまとめてみました。

マインドマップとは

“マインドマップ”という言葉には、その名の通り「心の中を表現する地図」という意味があります。

マインドマップは、私たちの頭が自然に行っている思考プロセスを反映したノート法です。
頭の中で起きていることが「見える化」されるので、考え続けることが非常にラクになります。(https://www.mindmap-school.jp/mindmap/what/より抜粋)

マインドマップは困難や達成したい目標があるときに強力なパワーを発揮してくれます。
例えば、あなたが恋愛でうまくいっていないとします。そんな時は、マインドマップを活用するのがおすすめです。
まずはじめにしなければいけないことは、目標設定です。ここでは、「恋人を作る」ことを目標として設定しました。恋人を作る

次に、その目標に対してしなければいけないことを洗い出していくことが重要です。この段階では細かい行動目標を立てる必要はありません。大まかでいいのでメイントピックを設定してみましょう。ここでは、「外見を変える」、「性格を変える」、「収入を増やす」の3点をメイントピックとしてピックアップしました。

手順2

メイントピックが決まれば、マインドマップの完成まであと少しです。
次に行うことは、サブトピックの設定です。サブトピックは出来るだけ具体的な目標を選んでください。
なぜなら、サブトピックがあなたのすべき行動に直結するからです。
ここでは、「外見を変える」のサブトピックとして「髪型を変える」、「メンズコスメに力を入れる」の2つを設定しました。(他のトピック省略)

サブタイトル2

ただし、私が作成したマインドマップ(上図)をみてもわかるように例えば「髪型を変える」と一口にいっても「どこで髪を切るか」といった詳細な情報を書くことができていません。
その場合、「髪型を変える」のサブトピックとして、「○○で髪を切る」という情報を加えてもいいでしょう
(下図)

マインドマップ サブのサブトピック

そうしたことを加えるとあなただけのマインドマップが完成します!

あなたにオススメしたいマインドマップツール3選

ここからはマインドマップを作成するにあたって便利なツールを3つ紹介します。

1.Xmind

xmind

『Xmind』は、マインドマップを“簡単に”かつ“見やすく”作ることができるマインドマップ作成ツールです。
例えば、サブトピックをワンタップで設定することができます。
今回作成したマインドマップも『Xmind』で作られています。ぜひ、DLしてみてください。

2.Mindly

mindly

『mindly』は、デザイン性に特化したマインドマップ作成ツールです。
円形のデザインが印象的で、アイデアが湧いてきますよね!(下図)
mindly
『マインドマップをエキサイティングに作成したい!』という方には特にオススメできるツールとなっていますので、ぜひDLしてみてください。

3.MandalArt

mandalart

『MandalArt』は、先程までのアプリとは違い、“見やすさ”や“デザイン”に特化しているというよりも、機能性に特化したマインドマップ作成ツールです。下の画像にもあるように1つの枠内に書くことができる文字数が多く、かなり細かい目標設定をすることができます。mandalart

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事