【日常で使える心理学】重たいカバンはパフォーマンスを下げる?!

 

身体が疲れていると、心も元気がなくなっていく...

なんて経験ありませんか?

 

実は、心と身体は密接に関係しており

身体の疲れは、精神力の低下を招くことがわかっています。

 

つまり、身体の疲れは、勉強や仕事のパフォーマンスに大きく影響するのです

 

様々な観点から、その根拠を見ていきましょう!

身体の疲れがもたらす影響を示した実験

バージニア大学で、身体の負荷が与える精神への影響を調べる実験として

2つの実験が行われました。

 

【実験 ①】

被験者を2グループに分けます。

グループA : 重いリュックを背負わせる

グループB : 何も背負っていない状態

 

そして、両グループに

目の前にある坂の角度を推測させてみました。

 

すると、グループAのほうが坂の角度を高く見積もったのです。

重いものを持っていると、これから登る坂が険しく見えてしまうのですね。

心と身体の結びつきは、古来から認識されていた!

心と身体はつながっているという考えが中心となっている

ソマティック心理学(身体心理学)という学問があります。

 

この「 ソマ (soma) 」はギリシャ語であり、

単なる物資的な体ではなく、心や魂も含んだ「身体」という意味となっています。

 

心と身体はつながっているという考えは、昔からあったのですね

 

現在もソマティック心理学(身体心理学)のセミナーが行われたり、

セラピーとして活用されたりしています。

体育会系が ”就活に強い&仕事ができる” 理由

「体育会系は就活に強い」「ゴリゴリ稼ぐ営業マンはガタイがいい」

と耳にしたことがあると思います。

 

理由はいくつかあるでしょうが、

身体の強さ(状態)が仕事のパフォーマンスに良い影響を与えていることは間違いないでしょう。

最後に

今回は、様々な観点から

身体と心の関係についてまとめてみました。

身体の疲れは、普段の勉強や仕事のパフォーマンスに大きく影響するということがわかったと思います。

 

みなさんも今日から

歩く際は、できる限り荷物を軽くし、心を軽くしましょう!

 

身体の負担を減らすことで、

あなたのパフォーマンスはさらに高まること間違いなしです!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事