【男子大学生が厳選】2019年オススメのメンズコスメ

近年の傾向として男性もメイクをする人が増加してきています。

そんな中、『そもそもメンズコスメにはどんなものがあるの』『どのメンズコスメを使ったらいいか分からない』という意見が多くあると思います。そこで今回は、コスメを3年間使ってきた私が本当にオススメだと思ったメンズコスメを5つ紹介したいと思います。

1.化粧水部門

化粧水は本格的な化粧に入る前に肌を整えるという目的で使用される化粧用の水です。

化粧水を使わずに本格的な化粧に入ってしまうと、肌がガサガサのまま化粧をすることになります。例えるなら、フライパンに油を敷かずに目玉焼きを作るとフライパンにくっついてフライパンの鮮度が落ちるようなものです。化粧水は肌の保湿のほか、肌質の改善にも繋がりますにで、外せない工程です。

オススメのコスメ

ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水

 

ハトムギ化粧水は、昔ながらの化粧水ではありますが、この一本で500円前後という価格ながら500ml入っているという破格のコスパの良さで長い間愛されているコスメです。ところで質はどうかというと、こちらも一級品。肌に優しい天然由来の素材ばかりを使っているので肌の弱い方や、乾燥肌の方にもオススメできる、まさに化粧水のオールラウンダーです。

2.ファンデーション部門

ファンデーションという名前なら、聞いたことはあるでしょう。ところでファンデーションにはパウダーファンデーション、リキッドファンデーション、ルースファンデーション、クリームファンデーション、クッションファンデーションの5種類があり、男性の皆さんはどれを使えばいいかわからないというのが本音でしょう。そこで私がオススメするのは、クリームファンデーションです。クリームファンデーションなら日焼け止めと同じような感覚で体感的に塗ることができるからです。

オススメのコスメ

NULL BB CREAM

NULL BB CREAM

NULL BB CREAMはファンデーションに億劫な男性のために考案されたリキッドファンデーションです。このクリームの特徴は何と言っても塗った後のナチュラルな仕上がり。ウィメンズ用のファンデーションを男性が使うと肌色の違いから浮いてしまうこともあるのですが、この商品なら、メンズ用に考案されているのでその心配は一切ありません。
さらに、持ち運んでもかっこいい外観。それらすべてを網羅したのがこの一品です。

価格もそこまで高くないので、一度試してみてください!

3.コンシーラー部門

コンシーラーは、ファンデーションではカバーしきれなかった目の下のクマや、シワなどを隠すアイテムです。ファンデーションがあるので必要ないのでは?と感じる方もいるでしょうが、ファンデーションは顔の肌色をトーンアップするのが主な目的ですので、そうした小さい場所に特化していません。

オススメのコスメ

無印良品 コンシーラー スティックタイプ・ナチュラル

コンシーラー 無印

こちらも数多くのコンシーラーがあるのですが、コスパの良さや男性の持ち運びやすさを考えると無印良品のものが最も良いという結論に至りました。あの人気Youtuberの髪西さんもオススメしているのでこちらの動画もチェックしてみてください。

4.フェイスパウダー部門

フェイスパウダーは髪のセットで例えるなら、ヘアスプレーのようなものです。フェイスパウダーを使わなければ、夏場であれば朝メイクしたものが昼くらいには崩れてしまうほどですから、フェイスパウダーで仕上げることはかなり重要なことになってきます。

オススメのコスメ

CANMAKE マシュマロフィニッシュパウダー

CANMAKE マシュマロフィニッシュパウダー

残念ながら、まだまだフェイスパウダー部門は男性側の需要の低さから、市場が小さいです。ただ、女性ものでも十分な仕上がりになるので、女性に大人気のCANMAKEシリーズから選出させてもらいました。プチプラながら、圧倒的な仕上がり具合でプロのメイクさんからも絶大な人気を誇っています。

5.リップ部門

『男性がリップを使うとおかしくならない?』という声があるでしょうが、ナチュラルメイク用のリップを使えば、男性でも目立たず、むしろ綺麗な仕上がりになります。ですから、リップを使わない手はありません。

オススメのコスメ

ニベア リッチケア&カラーリップ ボルドー

ニベア カラーリップ ボルドー

みなさんご存知『ニベア』シリーズからカラーリップが登場しました。正直、カラーリップは人によって仕上がりに違いが出るので『この一本が絶対いい』とオススメすることはできませんが、この商品を使えば、元の血色を残しながらも唇に艶が出るので使ってみることをオススメします。

 

いかがだったでしょうか。メンズコスメについて何かわからないことがあればいつでも質問を受け付けているので、下のコメント欄にコメントしていってくださいね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事