【就活生必見】関西一流企業をマッピングしてみた

皆さんの中には、

『関西に本社がある企業ってどんなところがあるの?』

『関西で収入がいい企業はどこ?』

『関西で安定的に稼げる企業はどこ?』

という疑問を持っている方がいらっしゃると思います。

 

この度、そんなみなさんのために関西に本社を置く企業を年収定着率に注目してポジショニングマップを作りました!

 

この記事では

1.縦軸「年収」横軸「3年以内の離職率」でマッピング

2.それぞれの企業の詳細

3.まとめ

について解説していきます。

 

「年収」、「3年以内の定着率」でマッピング

縦軸を年収、横軸を定着率でとりました。

(年収の項目については、各企業の平均年収。定着率については、新卒採用後三年の定着率。)

『高収入であればあるほどいい』と思う方もいらっしゃるでしょうが、収入だけで企業を判断するのは早計です。ここで重要になってくるのが、定着率という項目です。「定着率とは、離職率の対となる言葉です。 離職率が社員の離職した割合を示すのに対し、定着率は企業に残っている社員の割合を示します。」(https://tunag.jp/ja/contents/hr-column/3379/ より抜粋)とあります。

 

定着率は、「企業が社員をいかに丁寧に扱っているか」と言い表すこともできます。ですから、ここでは、高収入で高定着率である、右上の領域に入っている企業は特別優秀な企業であるということができます。

 

それぞれの企業の詳細

ここからは、感覚的なものだけではなく、実際の数字に注目して各企業に注目していきます。

このデータを見ると、具体的な数字がわかると思いますが、「年収が高い企業は、ブラックな一面がある」という傾向は見られませんでした。

 

まとめ

『関西を本社においている企業には、あんな大手企業があったんだ』

とか、

『自分が志望する企業はこの立ち位置なんだ』

という感想を持たれた方もいらっしゃったと思いますが、これは数ある関西に本社をおいている会社の一部にしか過ぎません。ここには掲載しなかったものの、「高収入」かつ「高定着率」の企業もあるかもしれません。最終的にどの企業が自分にとって”良い”かを決めるのは、皆さんの手にかかっています。

これらのデータも参考にしながら、自分なりのキャリアビジョンを描いていってください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事