【恋愛心理学】『相手に好意を抱かせる』究極の心理テクニック

 

「あなたは好きな人がいますか?」

 

もし、まだその人と恋人になれていないのなら、

何としても振り向かせたいですよね!

 

『自分に好意を持ってもらいたい!』『魅力的だと思わせたい!』

そんな願いを叶える、究極の心理テクニックをご紹介します。

 

誰でもできる、あることをするだけで、

意中の相手があなたに好意を抱いてくれるんです!!

 

ではさっそく、そのテクニックをご紹介します。

結論:「好きな人に何度も会う」

『えっ?!それだけ?』と驚いた方もいるでしょう。

そうです。たったこれだけなんです

ただし、このテクニックは驚くほど効果があります。

 

人は「同じ顔を見れば見るほど、その人に好意を抱くようになる

という心理法則があり、これを単純接触効果”といいます。

 

実際にどのくらい効果があるのか。

ある実験をもとに解説していきます。

結論を裏付ける、驚きの実験結果!

アメリカのピッツバーグ大学で行われた実験をご紹介します。

【実験】

外見的な魅力に差がない4人の女性(A,B,C,D)を募り、

ある講義に参加させました。

 

そして、他の生徒から存在がわかるように一番前の席に座らせ、

他の生徒との接触を禁じました。(話しかけられても無視するように命じられた)

 

ただし、4人の女性が講義に出席する回数

以下のようにしました。

A : 0回

B : 5回

C : 10回

D : 15回

 

全ての講義が終了した後、そのクラスの学生に

4人の女性の外見的魅力を7点満点で点数をつけてもらいました

 

その結果は、、、

A : 36.2点

B : 38.8点

C : 42.5点

D : 43.8

 

つまり、顔を見られる頻度が多かった人ほど、魅力的だと思われた

ということです。

「時間」より「頻度」

単純接触効果は「頻度」がポイント。

1週間に1回長い時間を過ごすよりも、毎日数分会うほうが効果的です。

 

また、最初の10回内がもっとも効果があると言われています。

時間が経つほど効果は薄れていくので、短期決戦でいきましょう!!

最後に

いかがでしたか?

単純接触効果をうまく利用することで、

意中の相手に魅力的だと思わせることができます

このテクニックをぜひ使ってみてください!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事