esportsゲーム一覧

皆さんの中には、どのゲームがeスポーツとして認定されているかわからない方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。今回は、そんな方々のためにeスポーツに登録されているゲームをまとめてみました。

1.ウィニングイレブン2020

wining eleven 2020

ウィニングイレブンはコナミアミューズメントから販売されているサッカーゲームです。
スマホ版wining eleven2019では、2019年六月時点でユーザー数が2億人を突破するほど高い人気を誇るゲームです。eスポーツに参加している選手は、Mayageka選手やダルマ選手などがいます。
昨年10月に行われたe-SportsイノフェスCUPにおいては、優勝賞金10万円が優勝者に贈られるなど、今eスポーツ界でもっとも盛り上がっているゲームの一つです。

※追記 2019年9月10日に『ウィニングイレブン2020』が発売されました。引き続きアツいゲームになっているので、ぜひプレイしてみてください!

2.パズドラ

パズドラ

スマホを持っている人なら一度はインストールした事があるであろうスマホゲームです。そんなパズドラも、eスポーツ認定されているゲームです。プロ選手としては、LUKA選手やスー☆選手などがいます。
2018年に行われた『パズドラチャンピオンズカップ 闘会議2019』においては、賞金が合計500万円贈られるなど、まだまだ隆盛を極めるゲームです。

3.TEKKEN7

鉄拳7

TEKKEN7は、バンダイナムコエンターテイメントから発売されたゲームです。本作は、2015年2月に販売されて以降、400万本以上を売り上げるビッグタイトルとなっています。本作は対戦格闘ゲームであり、攻撃のパターンも様々であることから、かなり奥が深いゲームとして、コアなファンも数多くいます。
今年1月に行われた『eSports 国際チャレンジカップ 〜日本選抜vsアジア選抜〜』においては、1500万円の賞金総額を達成し、話題を呼びました。

4.ぷよぷよ

ぷよぷよ

ぷよぷよは、昔ながらのタイトルでありながら、高い人気を誇るeスポーツゲームです。厳密にいうと、eスポーツ認定されているのは、『ぷよぷよeスポーツ』という2018年にセガグループより発売されたものです。多額の賞金がでる大会は未だ開かれていないものの、その高い人気から、これから伸びるeスポーツゲームの一つとして注目されています。

5.Rainbow Six Siege

rainbow six siege

Rainbow Six Siegeは、2015年にユービーアイソフトから発売されたFPSゲームです。
PC版が主力のタイトルのため、日本ではあまり普及していませんが、2019年2月に開催された世界大会『Six Invitational 2019』では、日本のeスポーツチームである「野良連合」がベスト4に進出する快挙を成し遂げるなど、今とてもアツいゲームの一つです。また、その世界大会では、賞金総額が1億円を超えるという桁違いの額からしても、世界中で人気のゲームです。

6.ストリートファイター 5

ストリートファイターV

ストVという略称で親しまれている本作は、2016年にカプコンが発売した対戦型格闘ゲームです。ストリートファイターシリーズは昔から高い人気を誇りますが、ストVでは圧倒的なグラフィックと、懐かしのコマンドを併せ持つ格闘ゲームの王様として君臨しています。今年の3月に開催された「CAPCOM Pro Tour 2019」では、大会賞金合計金額が6000万円を超えるなど、世界中で高い人気を誇るゲームの一つです。

7.Call of Duty : Black Ops 4

CoD:BO4

CoD:BO4の愛称で呼ばれる本作は、2018年にアクティブジョンより発売されたFPSゲームです。日本のeスポーツチームとしては、Libalent VertexやRush Gamingなど強豪チームが多数存在し、2019年8月に行われた『CWL日本代表決定戦』では、優勝チームに500万円が贈られるなどとても高い人気を誇ります。

8.Guilty Gear Xnd REV 2

Guilty Gear

2018年11月にeスポーツ認定されたばかりの本作は、3D対戦型格闘ゲームの王道の一つです。Guilty Gearシリーズは、そのコミカルさとスタイリッシュさを併せ持つイラストのため、アツいファンが多くいるのも特徴です。
また、今年5月に吉本興業が大会を開催するなど、発展途上のゲームです。

9.BlAZBLUE シリーズ

BLAZBLUE

2018年11月にBLAZBLUEシリーズからは、『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』と『BLAZBLUE CENTRALFICTION』の2タイトルがeスポーツゲームとして認定されました。本作は2D対戦型格闘ゲームとなっています。また、BLAZBLUEシリーズは2018年で10周年を迎え、キャラクター人気投票が毎年行われるなど、ファンからの熱い支持も得ています。

 

10.モンスターストライク

モンスト

モンスターストライクは、スマホゲームの中でも高い人気を誇るタイトルの一つです。
自分のモンスターを引っ張ってボスを倒すという一見単純な操作ながら、モンスターの属性、アビリティなどを生かさないと倒せない敵がいたりと奥深いゲームとなっています。今年4月には、『モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ』が開催され、賞金総額が1億円となるなど、世界でも人気のタイトルとなりつつあります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事