【警告】あなたの危機管理は大丈夫?

 

悲しいニュースを見たり、周りから何かを忠告されたりしても、

「自分は大丈夫」と思っていませんか?

 

あらゆる危険に対して、自分だけは例外だと考えてしまうのは人間の心理なのです。

悲しい出来事を自分ごとのように捉えると、不愉快な気持ちになってしまします。

それを避けるために、あえて考えなかったり、他人事のように解釈したりするようにできているのです。

 

実際にどれだけ人が危機管理に関して、

「自分は大丈夫」だと考えているのか調べた実験をご紹介します。

驚愕!人はこんなにも危機管理ができていなかった!

アメリカのラトガース大学が行った実験です。

【実験】

約260名の大学生に

「あなたが将来大人になったとき、飲酒に関する問題を起こす可能性は何パーセントだと思いますか?」

… ①

「また、他の学生が同様の問題を起こす可能性は何パーセントだと思いますか?」

… ②

という2つの質問をしました。

 

そして、①と②の数値を比べると

その差はなんと、58.3% にも及んだのです!

 

「自分が問題を起こす可能性は、他人が問題を起こす可能性より

約60%も低く考えているという驚きの結果でした。

 

他にも、

「自殺未遂する可能性」「結婚数年後で離婚してしまう可能性」

「40歳以下で心臓発作に見舞われる可能性」「性病にかかる可能性」

について、同様の質問をしました。

 

結果はそれぞれ、①と②の差が

55,9%48.7%38.4%37.4%

やはり、自分が問題を起こす(起こる)可能性は、

他人が問題を起こす(起こる)可能性より低いと考えていたのです!

正常性バイアス

正常性バイアスという言葉を耳にしたことはありませんか?

これは、社会心理学・災害心理学などで使われる心理学用語で

人が自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまうという特性のことです。

 

地震や大雨による避難警告が出されていても、

「自分のところは大丈夫だろう」と思い、避難せずに逃げ遅れてしまうということはよくあります。

 

この特性からも、人間がいかに都合のいいように解釈しているかがわかります。

自分の安全を守るには

今回ご紹介した人間の特性を理解し、

「自分は決して特別ではない」という意識を持つことが大切です。

その上で、「人の振り見て我が振り直せ」という言葉があるように、

他人事であっても自分ごとのように捉え行動しましょう

最後に

人間はあらゆる危険に対して、

「自分は大丈夫だ」と自身を特別扱いしてしまう生き物だということを説明しました。

 

③で話した内容は、当たり前の事かもしれませんが、

この当たり前がいかにできていないか、わかっていただけたかと思います

今回の学びを、あなたの今後に活かしていただけると幸いです!

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事