【面白い心理学】ビールの味は価格によって決まる?!

 

 

数多くの銘柄があるビール

みなさんも好みのビールの1つや2つ、あるのではないでしょうか。

 

実は、ビールの味の良し悪しは、

「価格の影響を受ける」ってご存知ですか?

 

「いやいや、プレモルの味は最高だよ。高いだけの価値が間違いなくあるね。」

と思うビール愛飲者の方にこそ、ぜひご覧いただきたいです!(笑)

 

スタンフォード大学が行った実験

かの有名なスタンフォード大学が行った実験をご紹介します。

 

【実験】

3種類のビールを用意します。

① 1.3ドル  ② 1.2ドル  ③ 0.99ドル

ただし、価格のラベルがついているだけで、中身は全て同じです

 

そして、

ビールを日常的に飲む「ビール愛飲者」だけを60名集め、

8週間に渡って毎日3種類のビールを飲んでもらい、

それぞれ点数をつけてもらいました。(0〜4点の5段階評価)

 

さて、結果はどのようになったでしょうか?

重ねて言いますが、中身は全て同じビール。さらには、ビール愛飲者だけを対象にしています。

 

衝撃の実験結果

ここまで読んだ方は、もう予想がついていると思います。

結果は以下の通り。

 

① 1.3ドル  ② 1.2ドル  ③ 0.99ドル

2.23点) (1.93) (1.8点)

 

中身は同じビールのはずなのに価格が高いほど美味しいと評価しています

予想通りですが、やはり驚きですよね。

 

本当にビールの味がわかるなら、3種類のビールの点数は同じはず。

それほどに「価格が味に与える影響は大きい」ということです。

 

まとめ

 

人は無意識のうちに、価格の影響を受け、高いものほど美味しく感じてしまうことがわかりました。

今回はビールの味についてお話しましたが、

ビールに限らず、他の飲み物や料理にも同じことが言えます

 

心理学って面白いですよね!

今後も心理学の記事を投稿していくので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事